介護保険情報
 
介護保険どんな制度
 
 
 
介護が必要となってもだれもが安心して、自分らしく暮らせる老後を望んでいます。
本格的な高齢社会を迎えている我が国では、介護が必要な高齢者が急速に増え、介護者の高齢化も進んできています。また働きに出る女性も増えるなど、家族だけで介護することは難しくなっています。そこで、こうした介護を社会全体で支える「介護保険制度」が新たに生まれました。
 
 
 
介護サービスを利用するまでの手順
1.申請 介護が必要となったら、まず要介護認定の申請が必要です。
●住んでいる市町村の窓口に申請します。
2.調査 市町村は介護が必要か否か、調査します。
●訪問調査
3.審査 判定 どのくらいの介護を必要とするか審査します。(要介護度)
●介護認定審査会
4.認定 認定を行いその結果を通知します。
要支援は要支援1と要支援2に変わりました。
要介護1 部分的介護を要する状態
要介護2 軽度の介護を要する状態
要介護3 中度の介護を要する状態
要介護4 重度の介護を要する状態
要介護5 最重度の介護を要する状態
5.サービス
   計画の作成
利用者の希望や状態に応じたサービス計画を作成します。
●介護支援専門員(ケアマネージャー)に依頼すると、介護サービス計画を作成してもらうことができます。
6.サービスの利用
 

Copyright (c) 2003 YAMANASHI ROUKEN All rights reserved
〒401-0301 山梨県南都留郡富士河口湖町船津6901
医療法人社団 青虎会 介護老人保健施設 はまなす
TEL 0555-83-3285 FAX 0555-83-3286